プロフィール

そら

  • Author:そら
  • ★撮った写真を貼ったり好きなものについて語ったり。詳しくはこちらをどうぞ。

    ★Twitter(@aosora_777)もやってます。

    ★コメント、トラックバックは管理人の承認後に表示されます。ご了承ください。

    ★リンクフリーです。報告は気が向いたらで結構です。

    フォトログ(開店休業中)

    pixiv(開店休業中)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喰霊-零-(12)

喰霊-零-ディレクターズカット版最終話。
三途河は言う。殺生石は本当の望みを叶えてくれるのだと。
虐げられ、追い詰められた黄泉の願いを叶え、その欲望のままに暴走し、この世を滅ぼすのだと。
けれども三途河は間違った。黄泉の本当の願い それは

『神楽』

あの子を守りたい。
あの子を全ての不幸から守りたい。
あの子を全ての災いから守りたい。
あの子を傷つける者、あの子を危険にさらす者、あの子に災いをもたらす者
その全てを消し去りたい。
お願い、あの子を守って。
不幸を消して。災いを消して。
たとえそれが…私自身であったとしても…!!

愛する者を、愛を信じて殺せるか。白叡を継ぎ、覚悟を決めた神楽と、心の奥底に本当の願いを秘めた黄泉。姉妹の最後の戦いが始まったーー
いざ戦いとなっても、やはり黄泉を斬ることは出来ない神楽。黄泉の「舐めるなよ土宮神楽!お前は継いだんだ、白叡を!力を!その意味を知れ!」という言葉は、神楽の甘さを戒めるものだったんだろうなあ。駆けつけた紀之に助けられ、今度こそ『黄泉を殺す』決意を固めて再戦に臨む神楽。
戦いの最中、神楽の黄泉との思い出のバックでかかる「Reincarnation」も素晴らしいんですが、イメージソング集「百合ームコロッケ」収録の「鎮魂の旅へ」を聴き返すと倍切なくなります…

欠ける月に 矛盾の願い
誰も 誰も あの娘泣かせないで

いとしく 目で抱きしめたい
隠しても限界の中で 私にできることは
これから強く生きる姿
ただ いにしえの淵から 祈りましょうか

ふれ合う 今だけ心が
怒りの火 やがてかき消され 私も消えてゆくよ
涙を見なくて済むように
さあ とこしえの旅へと 向かいましょうか

「あなたは私の自慢の妹よ。ごめんね神楽…大好きよ…」神楽の手により倒される黄泉。嘆く神楽は、現れたカテゴリーDを白叡で一掃する。大切な者を斬った神楽には、もう斬れないものはない。けれどもう二度と、大切な者は作れない…。ナブーの言葉が重いです。
そして二年後。神宮司室長も桐ちゃんも生きてました。でも桐ちゃんは精神退行状態。R.O.Dのナンシー妹を思い出しますな。ノリちゃんは無事立ち直るどころか、えらく軟派な占い師に(笑)最後に神楽の隣にいた男の子が原作の主人公(神楽のパートナー?)でこれで原作に繋がったのかな?結局漫画の方は読んでないので、今度機会があったら読んでみたい。
そんなわけで、放映時リアルタイムで見ることが出来なかった「喰霊-零-」ですがようやく全話見終わりました。ありがとうBS11!とにかく放映スタート時に、第1話の衝撃的なラストが話題になっていたことと、あと個人的に(これは何回も書いてるけど)日本刀などの長いエモノを持った女の子(制服姿だと尚良し)が戦うのが大好きなので、ずっと気になっていた作品だったわけですが、見ることが出来て本当に良かった。全12話と短いけど、コンパクトにギュッと濃縮されてた感じ。そして何と言っても神楽と黄泉の絆の深さに泣けた。一人ぼっちで孤独を感じていた神楽が黄泉に救われ、その後は神楽の存在に黄泉が救われていたこと。一度死に殺生石によって復活し、最早自分は救われることはなくても、それでも神楽を守りたい一心で戦った黄泉の気持ち。おそらく自分を斬らせることで、真の退魔師としても、白叡を継いだ土宮家の当主としても一人前にさせようとしたんだろうと考えると泣ける。二人の絆の物語として素晴らしい作品でした。当分「Paradice Lost」と「Reincarnation」をリピートで聴きまくると思います(まあ普段から何度も聴きまくってますが(笑))。どちらも名曲です。


喰霊-零-(GA-REI -zero-)公式HP

喰霊-零- Blu-ray Disk BOX(初回限定生産)amazon
関連記事

テーマ:アニメ・感想
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。