プロフィール

そら

  • Author:そら
  • ★撮った写真を貼ったり好きなものについて語ったり。詳しくはこちらをどうぞ。

    ★Twitter(@aosora_777)もやってます。

    ★コメント、トラックバックは管理人の承認後に表示されます。ご了承ください。

    ★リンクフリーです。報告は気が向いたらで結構です。

    フォトログ(開店休業中)

    pixiv(開店休業中)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喰霊-零-(10)

喰霊-零-ディレクターズカット版第10話。
黄泉が病室から姿を消したことで、自分を責め続ける神楽。友人たちの励ましで立ち直るが、『お勤め』先で対策室の面々の前に現れたのは、殺生石により憎しみに身を堕とした黄泉だった…。
というわけで、遂に話が2話に繋がり、ここに至るまでに何があったのか、その裏で何が起こっていたかが明かされる。冥の父が黄泉に惨殺されてましたが、まあ当然と言えば当然か…。一方紀之は黄泉の無実を信じて、単独で捜査を行っていた。病室に見舞いに来なかったのはそのせいで、単にヘタレなだけじゃなかったんだと安心したのも束の間、最悪な展開に。黄泉が紀之に「私を殺してよ」と言ったのは挑発ではなく、本心からの願いだったんだろうなあ。泣きながら叫んでたし。人質に取られ残酷に嬲られる桜庭の「彼女を殺せ」という叫びにも、黄泉の「私を殺して」という言葉にも一歩も動けず、結果桜庭は惨殺され、黄泉には「意気地無し」と愛想を尽かされる。2話の「あいつは意気地無しだから」はこういう意味か…。そして2話ラストでは神楽が黄泉に斬られた…ような終わり方だったけど、実際は神楽の父が現れて間一髪救われていたと。次回では神楽が白叡を継承して、その後黄泉との最終決戦になるのか?


喰霊-零-(GA-REI -zero-)公式HP

喰霊-零- Blu-ray Disk BOX(初回限定生産)amazon
関連記事

テーマ:アニメ・感想
ジャンル:アニメ・コミック

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。