プロフィール

そら

  • Author:そら
  • ★撮った写真を貼ったり好きなものについて語ったり。詳しくはこちらをどうぞ。

    ★Twitter(@aosora_777)もやってます。

    ★コメント、トラックバックは管理人の承認後に表示されます。ご了承ください。

    ★リンクフリーです。報告は気が向いたらで結構です。

    フォトログ(開店休業中)

    pixiv(開店休業中)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命のボタン

3007_100503_07.jpg
映画運命のボタンまもなく公開ということで。
原作であるリチャード・マシスンの運命のボタン(ハヤカワ文庫NV)は発売された3月に買ったというのにいまだに読み終えてません…。短編集なんだけど、一日一篇くらいのゆるいペースで読んでる(しかも他の短編集も並行して)ので遅いんですよ。それはともかく表題作であり映画原作である「運命のボタン」ですが…めっさ短い!しかも何も解明されないまま終わる不条理系なんですが…これを映画化すんの?どんだけ肉付けされてんの脚本?まあプロット自体が面白いからどうにでもアレンジできそうですが、原作の不気味な味わいが薄れてないと良いなあ。多分見に行かないけど。
まだ半分しか読んでないけれど、読んだ中で印象的だった作品の感想をちらっと。
「運命のボタン」…ある日突然夫婦の元に送られてきたのは謎のボタン。現れた男は、このボタンを押せば世界のどこかであなた方のご存じない方が死ぬことになると告げる。そしてその見返りとしてあなた方には五万ドルが支払われると。夫はボタンを男に押しつけて持ち帰らせるが、妻はどうしてもそのボタンが気になって…。ホントに唐突に終わるんでちょっと戸惑うけど、これをどう長編映画にするのかは興味あるなー。
「魔女戦線」…最初に読んだ時、精神病院が舞台?と勘違いしたけど、後書きを読んでようやく分かりました。七人の美少女が超能力(想像力?)で敵をやっつけるお話。これは是非漫画化なり短編アニメ化なりされたものを見てみたい。なかなかに魅惑的な設定だなあ。
「帰還」…タイムトラベルの実験で500年後の未来に飛び立ったウェイド。些細なアクシデントにより気を失ったが無事500年後に到達する。500年前の生き証人として歴史学者のクレモルクにいろいろと質問されるウェイドだが、彼らは何故かウェイドの帰還を阻もうとする…。この時代では滅んだ人格を再構成する、つまり死者を蘇らせることが可能になっているらしい、という説明で先の展開の予想が付いてしまうものの、かなり切ない幕切れ。これ「時の娘」に収録されても良い気がするなー。あと設定で藤子・F・不二雄の「どことなくなんとなく」をちょっと思い出した。
他にも感想を書きたい小説やら漫画やらがたまっているのでぼちぼちまとめてゆきます。ってかなり前から言ってますね…(´Д`;)
関連記事

テーマ:奇妙な物語
ジャンル:小説・文学

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。