プロフィール

そら

  • Author:そら
  • ★撮った写真を貼ったり好きなものについて語ったり。詳しくはこちらをどうぞ。

    ★Twitter(@aosora_777)もやってます。

    ★コメント、トラックバックは管理人の承認後に表示されます。ご了承ください。

    ★リンクフリーです。報告は気が向いたらで結構です。

    フォトログ(開店休業中)

    pixiv(開店休業中)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら、いつか

img_100211_02.jpg
悲しいことがありました。

(10.02.11.画像差し替えました)
旦那さんの実家では猫を二匹飼っていました。
その二匹が立て続けに逝ってしまいました。
一匹目は昨年末に。二匹目はつい昨日。
二匹目の子には、昨日の昼に義実家による用事があったので、まだ生きてるうちに会えました。
といってももう動くことが出来ずこたつに寝かされていて。とても弱ってたけど撫でたら柔らかくて温かくて。
その夜逝ってしまいました。死に目には会えなかった。
いつもお邪魔する度に煩いくらいにゃーにゃー言ってきたり手に頭押しつけて撫でろって催促したりケーキやアイス食べてるとじぃっと見つめてきて舐めさせろと無言のプレッシャーをかけてきたり。
そんなこと全部がもう過去のことなんて全く実感が湧かない。
二匹とも20年近く義実家にいて旦那家族にはもう家族同然で。
お父さんがいなくなってから、この子達の存在にとても慰められたのだと義母が泣いていた。
(義父は私が結婚する前に亡くなっている)
私も悲しいけど、その悲しさはやっぱり周りには及ばない。
そんな自分はホントはとても心が冷たいのではないかとぼんやり思ったりする。
もう年だったのだから、逝ってしまったことを悲しむのではなく
今までありがとう、よく頑張ったね、と思うこと。
そうして一緒に悲しんでくれるだけでいい、と旦那さんが言ってくれた。

一匹目の子は既に義父と一緒に居るんだと思う。
二匹目の子もそこに行ったんだろう。
再会を果たして、きっとみんな一緒に幸せに穏やかに過ごしている。
関連記事

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。