プロフィール

そら

  • Author:そら
  • ★撮った写真を貼ったり好きなものについて語ったり。詳しくはこちらをどうぞ。

    ★Twitter(@aosora_777)もやってます。

    ★コメント、トラックバックは管理人の承認後に表示されます。ご了承ください。

    ★リンクフリーです。報告は気が向いたらで結構です。

    フォトログ(開店休業中)

    pixiv(開店休業中)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンズ・ラビリンス


ムービープラスにてパンズ・ラビリンス(2006年メキシコ・スペイン・アメリカ合作/ギレルモ・デル・トロ監督/イヴァナ・バケロ主演)を観ましたよ。2006年(第79回)アカデミー賞にて撮影賞、美術賞、メイクアップ賞を受賞、ほか各地の映画賞でも数々の賞を受賞した作品です。

スペイン内戦で父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共に、母の再婚相手であるヴィダル大尉の元へやって来た。森の中にある軍の砦に住む大尉は、レジスタンス掃討を指揮する冷酷な男で、生まれてくる息子だけを望んでいる。辛く悲しい現実から逃れるようにおとぎ話の世界に引き込まれてゆくオフィリアの前に、ある晩妖精が現れる。導かれるままに森の迷宮へと向かうと、そこには迷宮の番人パンが待っていた…

スペイン内戦というと「ミツバチのささやき」を思い出しますが、そういえばあちらもフランケンシュタインや精霊が出てきたっけ?
この「パンズ・ラビリンス」は、ファンタジーものという先入観があったけど、いざ観てみると、独裁政権軍とレジスタンスの血塗られた争いの場面の方が強烈。R-12指定というのも納得です。ファンタジー要素も、光ではなく影の部分が強調されている、いわゆるダーク・ファンタジー。一体どういう結末になるのかと思ってたら…。
結局現実には、救いも、おとぎ話のような幸せな結末も無い、ということを突きつけられたような、何ともいえない余韻が残るラストでした。ちなみに自分はパンや妖精、そして王国も全てオフェリアの空想であり、最期に王国へ辿り着けたのも彼女の死に際の幻想という解釈です(※ネタバレに付き反転させてます)。
関連記事

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。