プロフィール

そら

  • Author:そら
  • ★撮った写真を貼ったり好きなものについて語ったり。詳しくはこちらをどうぞ。

    ★Twitter(@aosora_777)もやってます。

    ★コメント、トラックバックは管理人の承認後に表示されます。ご了承ください。

    ★リンクフリーです。報告は気が向いたらで結構です。

    フォトログ(開店休業中)

    pixiv(開店休業中)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

img_091128_miwa29.jpg
最近amazon通販利用しまくってるなあ…
まあCDに関しては地元に品揃えが良い店がほとんど無いのと
DVDにしても普通に買うより安い場合が多いしなー。
しかし気軽になんでも買えてしまうのでちょっと危険だ(支払いが)。

【photo by Nikon COOLPIX P5100】
スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

冬の夕暮れ

img_091128_miwa01.jpg

img_091128_miwa02.jpg

img_091128_miwa03.jpg

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

マイナス


外食する機会が重なったりお裾分けでお菓子やら何やらもらったり
いよいよもって体重がやばいのでデトックススープを作ってみた

食後もすっごい体がポカポカしてる気がするけどスープのせいかな?
たくさん作ったのでしばらく食べ続けるよー。

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:何気ない日常の写真
ジャンル:写真

光の夢

091128_miwailmi_05.jpg

091128_miwailmi_03.jpg

091128_miwailmi_04.jpg

091128_miwailmi_01.jpg

091128_miwailmi_02.jpg
地元で毎年恒例のイルミネーションフェスタが始まりました。
毎度の事ながらイルミをキレイに撮るのは難しいなあ…たくさん撮ったので追々upしてゆきます。

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:イルミネーション
ジャンル:写真

a piece of cake

img_091128_c03.jpg

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:何気ない日常の写真
ジャンル:写真

THE SHINING

スティーヴン・キングが『シャイニング』の続編を執筆!続編も映画化か?

>末期患者のホスピスに勤めているダニーは、病棟勤務員として働きながら、
>死後の世界へ行ってしまった患者を救済する仕事をしている

ってことは単純にダニーが主人公というだけで、ドラマ版「デッド・ゾーン」みたいな感じになるのかな?まあドラマ版「デッド・ゾーン」観てないけど。ようするに心霊モノというか。シャイニングと言ったら「雪に閉ざされ外界から遮断された大きなホテルに3人きり」という舞台設定が良かったんだけどなー。そして映画「シャイニング」と言ったら、どうしてもキングがスタンリー・キューブリックに不満たらたら(確か、幽霊に対するお互いの考え方や解釈の違いが原因だっけ)だったのを思い出してしまう。あと奥さんの顔が一番怖い。

そういや
スティーヴン・キングの長編小説「It」が映画化へ!
ってのも今知った。自分が観たのはトミー・リー・ウォレス監督版で、全体の雰囲気は良かったものの肝心のラスボスがハリボテだったのだけが残念だったなあ(笑)映画ならその点期待できそうだけど、子供時代にITを撃退した後、バラバラになりかけた心をひとつにするためにした「あのこと」は(倫理的に)映像化できないと思うんだけど、その辺どうなんだろ?

テーマ:海外小説・翻訳本
ジャンル:小説・文学

【jazz】The Melody at Night, With You


メロディ・アット・ナイト・ウィズ・ユー(キース・ジャレット)
The Melody at Night, With You/KEITH JARRETT

まだまだジャズ初心者なのでどれを聴けばいいのか(どんな曲風や演奏が自分に合うのか)よく分からず、主にamazonで評価が高いもの、レビューが多く付いているものを探して、レビューの内容から自分が聴いてみたいと思うものを買っています。
この「The Melody at Night, With You」は、病気療養中のキース・ジャレットがリハビリを兼ねて自宅で制作したアルバムで、彼の妻に捧げられています。
1曲目から美しいピアノの旋律が空間に広がり、心にもじんわりと染み入ってきます。最初から最後までうっとりと聴き入ってしまいました。なんて美しい音色なんだろう、目を閉じていつまでも聴いていたいような、上手く言葉で表せないほどに、どの曲も美しくそして優しい、素晴らしいアルバムでした。
それまでのキースの演奏と比べたらメロディを重視した控えめなものになっているそうで(自分はまだキースのアルバムは「バイ・バイ・ブラックバード」しか聴いていないし、こっちはソロではないので何とも言えない)往年のファンからすれば賛否両論あるような印象を受けます(amazonのレビュー見た限りでは)。ただ、ジャズというジャンルに拘らず、ピアノソロアルバムとしては最上の1枚であることに間違いはないでしょう。興味を持った方は是非店頭で手にとって試聴してみることをオススメします。
個人的に特に気に入っているのは「Someone to Watch over Me」「Something to Remember You By」。あと、これ聴いてたらなんか自分でもピアノ弾きたくなってきた。

テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽

ランチタイム

091126_03.jpg
会社の備品…というか忘年会に使うあれこれを買い出しに大型ショッピングモールへ
ついでにビュッフェスタイルのお店でランチ。
091126_05.jpg

091126_01.jpg
種類が沢山あってどれも美味しいんだけど
いろんなものをちょっとずつ食べてると知らないうちにすぐ満腹になってしまう…
うーん、元は取れたかな?(笑)

【photo by INFOBAR2】

そういやフジテレビで「古畑任三郎」が再放送されてるー!普段ドラマは殆ど観ないんだけど、何故かこれは大好きで、再放送の度に必ず観てます。これで田村正和が好きになったんだよなあ。そんなわけで毎日録画してますよ。いや~古畑(田村)さん若い!そしてやっぱり格好良い!

テーマ:何気ない日常の写真
ジャンル:写真

私と夜と音楽と


キース・ジャレットのYou Must Believe in Springが欲しいのだけどamazonでもセブンアンドワイでも売り切れ中…。amazonだと入荷次第連絡・発送となってたので一応購入しておいた。でもクリスマス以降になるっぽい(´・ω・`)
あとアヌアル・ブラヒムのアルバムThe Astounding Eyes of Ritaが先月出てたらしいけど、ネットで調べたら「珍しく明るい曲が入ってる」みたいなことが書いてあって考え中…。あの哀切なメロディが好きなんだよなあ。
最近家にいる間はジャズかクラシックしか聴いてません。ていうかバッハ。オルガン曲とか賛美歌とかチェンバロ協奏曲とか。バッハも欲しいアルバムが沢山あるけど集め出したらキリがない…。そして最近誰のなんて言う歌が流行ってるのかさっぱり分からないのでした(汗)CMソングで「あ、これいいなー」と思うのはあるんだけど…

テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽

hot


でっかいのを1枚焼いて2人で食べました。

今日で三連休お終いかあ…買い物くらいしか出掛けなかったなあ。
旦那さんが商工会の行事で忙しくてほぼ出ずっぱりで
自分は家事やったらもう外に出る気力もなくてごろごろしてたよ…
どんどん精神がたるんできてる。いかんなあ~。

明日からまた仕事か…はぁ…('A`)

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:何気ない日常の写真
ジャンル:写真


ビスケットの部分がないだと!
これはダメ成長だ!

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:何気ない日常の写真
ジャンル:写真

WALL・E/ウォーリー


WALL・E/ウォーリー(2008年アメリカ/ピクサー&ウォルト・ディズニー製作)
劇場公開時に見に行きたかったけど行けなかったんだよなあ。
いやー泣いた。もうウォーリーとイヴが出会った辺りから涙腺刺激されまくり。最近心がくたびれっぱなしだからこういうピュアなストーリーが心に染みる…。ずっと一人で寂しかったこと、ようやく出会えた他の誰か=イヴの美しさに見とれたり、何とか喜ばせようと奮闘したり、手をつなごうともじもじしたり。台詞はなくても、リアクションだけでウォーリーの気持ちがひしひしと伝わって来る。ロボットだけの話かと思ってたら人間側の事情もちゃんと話に組み込まれてて、最初から最後まで素直に笑って泣いて楽しめました。あの人たちは、それまでの生活ぶりからしたら当分大変だろうけど、エンディングイラストのように何とかうまくやっていけるよね、きっと。
あとウォーリーとイヴも良いんだが、掃除ロボットのモーが可愛すぎる。エンディングのスタッフロールでも頑張ってるし。あとあとウォーリーの太陽電池充電完了時の音がMacの起動音なのにどうしても反応してしまうのであった(笑)

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

地球の燃え尽きる日【38】


「戴宗のアニキー!チャンピオンRED1月号は読みましたかい?!」
「おうよ鉄牛!何てったって今月号からジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日『激闘!梁山泊篇』に突入だからなぁ」
「しっかし村雨竜作が韓信をボコるシーンはスカッとしましたぜ」
「まあ自業自得だわな」
「ていうか村雨のアニキって九大天王だったんですかい」
「実はそうなんだよ。しかも初代梁山泊頭領である托塔天王・晁蓋殿の逝去に立ち会った一人だってんだからなあ」
「晁蓋殿の遺言って、『12年の間梁山泊頭領の座は空席とし、その後梁山泊の内外問わず範囲を広げ実力を競い、勝利した者に『新しき梁山泊・頭領の座』を与える』ってヤツでしたよね」
「そうだ」
「なんかイキナリ、ジャンプで言うところの格闘路線展開になりましたね…」
「…」
「…人気無いからここらでテコ入れ、ってワケじゃないですよね…」
「………不吉なこと言うなよぉ…」
「スイマセン」
「…気を取り直して、この勝負に勝って梁山泊新頭領になった者には『草間博士の遺言書』が与えられるらしい」
「それで大作とサニー、そしてジャイアントロボも参戦するってワケですかい」
「そうだ」
「新頭領が決定するまで、連載続くとイイですね…」
「…………………………」


今月号の簡易感想~。
どみなのド!…彩子ちゃんが!唯一まともな登場人物かと…いやちょっとおかしかったけど、まさかヤンデレだったとは…。
弐万甲斐メノ涼夏…この人(富沢ひとし)の漫画って結局救いがあるような無いような…というパターンが多いという印象があるなあ。
真マジンガーZERO…相変わらず面白いな(笑)甲児とミネルバXに嫉妬して暴れまくるさやか&アフロダイは超強いぜ!あしゅら男爵の「ええい 思わず痴話げんかに見入ってしまったわ」にも笑った。

テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

【jazz】My Swedish Heart


My Swedish Heart(ヴィクトリア・トルストイ)
My Swedish Heart/Viktoria Tlstoy

今のところ手元にある唯一のヴォーカル・ジャズアルバム。これは発売当時店頭に並んでたのを試聴して、気に入って購入したんだっけ。ヴィクトリア・トルストイはスェーデンのトップジャズシンガー。優しい歌声と、時に心地良く時に哀愁を帯びた曲はどれも良いです。このアルバムの中では「Mind if I」「Danny's Dreaming」がお気に入り。

地元には大きいCDショップが無いのでアルバムの購入はamazonに頼り切り。あとamazonのレビューなどを参考に聴いてみたいアルバムを書き出して、CDショップで探すというのをやってるんですが、旦那さん曰く「店員さんに訊いた方が早いんじゃないの?」。いや書き出したの全部買うならともかく、一度手にとって帯(?)にある説明文を読んでみたいというか、何よりメモ片手に自分で探すのが楽しいんじゃないか!と言ったらそうかねえと首かしげられました。
本やCDは、最初から「これを買う!」と決めたモノでない限り、自分で探すのも楽しみのひとつなんですけどね。ついでの他のタイトルで気になるモノも出てきたりするし。まあ人それぞれですが。

テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽

【jazz】blackbird, bye bye


バイ・バイ・ブラックバード(キース・ジャレット・トリオ)
BYE BYE BLACKBIRD/KEITH JARRETT TRIO

何か新しいジャズのアルバムが聴きたい!とCD売り場のジャズコーナーを漁って買ってきたのがこれ。巨匠マイルス・デイビスの死を悼むキースにより吹き込まれたトリビュート作だそう。ジャズ初心者の自分でも名前は知っているマイルスですが、亡くなったのが1991年ってそんな昔でもないんだなー。特別しんみりとした曲というわけではないけれど、キースのピアノは心に染み入ります。
あと中古でメリー・クリスマスというアルバムを購入。タイトル通りクリスマスのCDですが、歌っているのがビング・クロスビー、エルヴィス・プレスリー、ナット・キング・コールでジャズ風味なことと、個人的に大好きな「ホワイト・クリスマス」が入っているという理由で購入。これは買って良かった。

テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽

モノクロライト

img_091113_17.jpg

img_091113_18.jpg
日々は無駄に過ぎ
気持ちも身体もたるんでゆく…orz

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:イルミネーション
ジャンル:写真

サンタにお願い(2)

とある魔術の禁書目録 インデックス(1/8スケールPVC塗装済み完成品)
関連:柔らかな微笑み「とある魔術の禁書目録 インデックス」キャラフェス展示アキバHOBBY

これは割と本気で欲しいぞ…ゴクリ…

index_f_002.jpg
や、この子も可愛いけど!

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

サンタにお願い

img_091113_26.jpg

img_091113_27.jpg
写真とは何の関係もありませんが

一冊80万円の超美麗「図書館写真集」が凄い

これ欲しいいいいいいいい
ていうかむしろこの場所に行きたい!そして泊まり込みたい!(無理)

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

【jazz】危険な関係のブルース

img_091113_42.jpg
繰り返し聴いてる一枚

サハールの旅(アヌアル・ブラヒム)
Le Voyage de Sahar/Anouar Brahem
先日買ったアルバムですがホント買って良かった。ウードとピアノそしてアコーディオンの絶妙で物悲しい演奏は何度聴いても飽きません。夜寝る前に、温かいチャイを飲みながら聴くのがお気に入り。

フライト・トゥ・デンマーク(デューク・ジョーダン)
FLIGHT TO DENMARK/DUKE JORDAN
これはジャケ買いだったと思うのだけど(試聴もしたかな)これまた買って良かった一枚。ちなみに自分が持ってるのは2002年発売の紙ジャケ盤です。全く知らなかったけど(最近調べてようやく知った)かなり有名で人気のあるアルバムなんですな。そもそも「 危険な関係のブルース」自体知らなかったんだけど、ジャンヌ・モロー、ジェラール・フィリップ主演の映画だったのか(1959年フランス/ロジェ・バディム監督)。「死刑台のエレベーター」といいフランス映画とジャズは関係深いのね。こちらは夜ではなく日中、一人で居て静寂が気になったときに流すと、煩すぎず静寂に馴染むというかうーん分かりづらい(汗)

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽

Towers Lights2009(7)おまけ

img_091113_37.jpg

img_091113_39.jpg

img_091113_40.jpg
というわけで取りあえずタワーズライト2009の写真は終了。
夜の名駅に来たのは久しぶりでした。
やっぱりこの時期の夜の街は見ていてうきうきしてきますね(^^)

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:イルミネーション
ジャンル:写真

Towers Lights2009(6)

img_091113_29.jpg

img_091113_30.jpg

この後資生堂パーラーでお茶してから再び外へ。

img_091113_34.jpg

img_091113_35.jpg

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:イルミネーション
ジャンル:写真

Towers Lights 2009(5)

img_091113_24.jpg

タワーズの中もクリスマス一色。

img_091113_25.jpg

img_091113_28.jpg

夜景の見える展望台にて。当然のようにカップルたちが窓に張り付いてはしゃいでました(^^)

img_091113_31.jpg

img_091113_33.jpg

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:イルミネーション
ジャンル:写真

竜馬が行く

スパロボNEOにおいてはゲッター1は使えない子ってホントですか…
旦那さん、プレイしながら「うわあ避けられた!あーもう竜馬ぁー!」とか言ってるし…
スピードのあるゲッター2が一番だそうです。隼人の攻撃は当たるらしい。
(自分でプレイしてないからよく分からんが)

SINGE_OP_01.jpg

…例え使えなくてもバカでも貧乏で借金持ちでも
管理人は新ゲッターロボの流竜馬を応援しています。
しかしどうしても最後は全員ゲッターに取り込まれて終わるんじゃ…と思ってしまう(^^;)

テーマ:日記・雑記
ジャンル:ゲーム

Towers Lights 2009(4)

img_091113_13.jpg

img_091113_14.jpg

img_091113_15.jpg

img_091113_12.jpg

名駅からの夜景。

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:イルミネーション
ジャンル:写真

Towers Lights 2009(3)

img_091113_22.jpg

東京・名古屋の各テレビ局キャラクターや様々な人気キャラのオブジェが飾ってありました。
上はTBSテレビのBoo Bo。

img_091113_21.jpg

(暗くて分かりづらいけど)CBCテレビのコロンちゃん。

img_091113_23.jpg

言わずと知れたケロロ軍曹!(笑)

img_091113_20.jpg

何故かチェブラーシカも…他にもリサとガスパールやクレヨンしんちゃんもいました。

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:イルミネーション
ジャンル:写真

Towers Lights 2009(2)

img_091113_04.jpg

img_091113_06.jpg

タワーズテラスも毎年変わらず賑わっています。

img_091113_07.jpg

img_091113_08.jpg

img_091113_10.jpg

img_091113_09.jpg

【photo by Nikon COOLPIX P5100】


テーマ:イルミネーション
ジャンル:写真

Towers Lights 2009(1)

img_091113_05.jpg

img_091113_01.jpg

名古屋駅冬の名物詩、JRセントラルタワーズのタワーズライツ2009が今年も始まりました。
去年は見損ねた(と思う)ので、今年は始まって早々に見に行ってきましたよ。

img_091113_02.jpg

img_091113_03.jpg

今年のテーマは『夢の散歩道 ~四季の語らいをゆかいな仲間とともに~』 。
色とりどりのライトで四季の移り変わりを表現しています。
一周するのに結構な時間が掛かるのですが、沢山の人たちがケータイカメラ片手に見とれていました。

【photo by Nikon COOLPIX P5100】

テーマ:イルミネーション
ジャンル:写真

本日の呆れたネタ

市橋容疑者と水嶋ヒロが似てるとネットで話題…女性「わたしの手で更生させてあげたい」痛いニュース

>「市橋達也と水嶋ヒロって共通点ありすぎ」「水嶋ヒロみたいでカッコ良くないですか?」といった意見が続出。中には「執行猶予付かないかな… わたしの手で更生させてあげたい 賛同者求む」といった仰天エールまで。

バーカバーカ。
こいつら江東区バラバラ殺人事件の星島被告がイケメンだった場合でも同じこと言うんですかね。つか整形したって事実忘れてないか?それと水嶋ヒロに失礼だ。

あとミクシに「頑張れ市橋達也応援ファンクラブ」とかいうコミュニティが開設されたと知って当分ログインするのやめようと思った。気持ち悪い。

09.11.16追記
Mixiの市橋達也を応援するコミュニティに飯野賢治さんが一言物申すオレ的ゲーム速報@刃
もっと言ってやって。
こいつらまさに「バカなの?死ぬの?」レベルだよな…

テーマ:今日、気になったネタ
ジャンル:ニュース

ハプニング


今日は旦那さんが一日お出かけ
なので優雅にアールグレイティーを煎れてジャズを聴きながらネットしてます。
紅茶はお湯を沸かすところから、カップも温めミルクも温めて。
一般的にアールグレイにミルクは入れないようですがこれはまあ好みということで。

そういや先日ハプニング(2008年アメリカ/M・ナイト・シャマラン監督/マーク・ウォールバーグ主演)を観ました。
それはある日突然始まった。何の理由もなく次々と自らの命を絶ってゆく人々。テロか、ウイルスか。高校教師エリオットは、妻アルマ、友人の娘ジェスと共に、広がり続ける見えない脅威から逃げ続けるが…
ストーリー云々よりも、全編に渡り静かな恐怖(人が無造作に命を絶っていくシーンなど)というかミステリアスな雰囲気を楽しむ作品といった感じ。やがてその現象は唐突に終わりを告げるが、ラスト近くで「一体何が起きたのか」を議論するTV番組が写る場面でオチの予想は付いちゃうなー。対策の施しようがないような気がするけど、どうするんだろ?

そういや衛星劇場で「『ゼロの焦点』公開記念 松本清張特集」をやってますがラインナップが以前と同じだなあ(影の車・鬼畜・疑惑・砂の器)。どうせなら昔やった「ゼロの焦点」とか「点と線」とか「霧の旗」とかもやればいいのに。でも「砂の器」は何度でも観たいので観る。DVD持ってるけど(笑)

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

【jazz】サハールの旅


サハールの旅(アヌアル・ブラヒム)
Le Voyage de Sahar/Anouar Brahem
下のAstrakan Cafeと一緒にamazonに注文したのだけど在庫の関係なのか時間差で届いた。これまた輸入盤です。
Astrakan Cafeはウードが強調されていて完全に民族音楽のようだったのが、このアルバムではそうでもない。どうやら「黒猫の歩み」と同じメンバーで作られたらしく、ピアノとアコーディオン?がウードの演奏にうまく組み合わさっている。「黒猫の歩み」でファンになった者としては買って良かったと思える一枚。

テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。