プロフィール

そら

  • Author:そら
  • ★撮った写真を貼ったり好きなものについて語ったり。詳しくはこちらをどうぞ。

    ★Twitter(@aosora_777)もやってます。

    ★コメント、トラックバックは管理人の承認後に表示されます。ご了承ください。

    ★リンクフリーです。報告は気が向いたらで結構です。

    フォトログ(開店休業中)

    pixiv(開店休業中)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近観た映画

img_070328_13.jpg

img_070328_15.jpg

チャーリーとチョコレート工場を観ました。WONKAチョコまた食べたくなったよ。まあほぼ毎日ガーナチョコエクセレント食べてるんですけどね!子供の頃の、歯の矯正器具を付けたウィリー・ウォンカの姿がどうしても「鉄の口枷」(ミネット・ウォルターズ)を連想させる(´Д`;)原作は読んでないのだけど、子供達が工場を訪れた時に見た歌う人形達のショー(楽しげに歌ってるけど、そのうち火を噴いて顔がどろどろに爛れて止まってしまう)がものすごくティム・バートンぽいなあと思いました。ウンパ・ルンパは噂通りイカしてますな。あとナッツ選別係のリスが可愛かった。

続けてティム・バートンのコープスブライドも観ました。こちらも面白かった。コープスブライドのエミリーが現れる場面と、最後に無数の蝶になって消えてゆく場面が幻想的でとても美しかったです。

ジュリア・ロバーツ主演の愛に迷ったとき。ジュリア演じるグレイスは、夫の浮気を目撃して頭に来た挙げ句、自分が入っているサークルの集会で他の奥さん方や家庭のゴシップを暴露したり夫の弁解にも聞く耳持たずだが「離婚したいのか?」と問われると急に言葉に詰まって「答えを急かさないで」としどろもどろになる。要は頭に来てて噛みつきたいだけで、具体的にどうしたいというのは無いんですね。端から見てると「どうしたいんだよ!」とウンザリするけど実際当人の身になったらこんなんだろうなあ、と。そういやベスト・フレンズ・ウエディングのジュリア(演ずるジュリアン)も観ててイライラするどころか思わず「ビッチ!」と叫びたくなったんだよなあ…。

…なんか自分テレビばっかり観てますね…ぐうたらしてるなあ…('A`)
まあ7年近く悪環境で働き通しだったんだからしばらくぐうたらさせてもらいますわー。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD
ジャンル:映画

花を見る

img_070329_01.jpg

img_070329_02.jpg

img_070329_03.jpg

花を沢山撮るのは華やかな気持ちになりたいから。

テーマ:季節の花たち
ジャンル:写真

公園の花



img_070330_04.jpg

img_070330_05.jpg

img_070330_08.jpg

img_070330_11.jpg

通りすがりに。

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

きのうのそら



img_070329_05.jpg

img_070329_04.jpg


img_070329_07.jpg

テーマ:空の写真
ジャンル:写真



img_070328_03.jpg

img_070328_07.jpg

img_070328_16.jpg

土手を散歩。

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

Gネタ

そういやジャイアントロボ~地球の燃え尽きる日コミックス1巻の感想と、それに絡めてあれこれネタ話を書こうと思ってるのになかなか文章をまとめる時間がありません。近日中に必ず。
てか「地球の燃え尽きる日」では国際警察連合、全然良いとこありませんね。九大天王は登場時だけ格好良さMAXでその後は…だし、中条長官なんて悔しがってる姿しか思い出せないよ。もしかして今川監督、今回は国警を格好良く描く気は毛頭無いんじゃ無かろうか。格好良い国警を観たけりゃOVA(地球が静止する日)を観ろってことですかそうですか。久々にDVD観るかな。戴宗分が足りないよ!

テーマ:管理人日記
ジャンル:アニメ・コミック

勇侠青春謳



img_070327_14.jpg

コードギアスのサントラ買っちゃったー(1の方だけ)。第1期エンディングのTVサイズバージョンとか入ってます。他にも2曲ほど歌が入ってますがそれらも良い。音楽も良い。ただ…紙のパッケージなので無理すると破れます。実際破れた。
一緒に映ってるのはハルヒのガチャガチャで出てきたみくる。「試しに1回だけ」って回したら初っ端に小泉が出てきてムキになって結局3回もチャレンジしちゃったよ。小泉は好きだが男(のフィギュア)は要らん。

テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック

近況



img_070326_01.jpg

ミステリチャンネルの七瀬ふたたび最終回を観てちょっと泣けてきたり、コードギアス 反逆のルルーシュ(旦那さんがDVD買ってる)にハマったりしてます。ところで七瀬ふたたびのラスト、「七瀬が三度現れるかどうかは作者・筒井康隆にしか分からない」みたいなナレーションが入ってたけど、「七瀬ふたたび」の「ふたたび」って先に「家族八景」という七瀬が活躍する作品があるからこそなんでドラマでいきなり「ふたたび」って言われても意味が分からないのでは…とか思った。でも泣いた。コードギアスはとにかくお話しが面白いです。久々にハマった。現在DVDで4話まで観て、先日アニマックスで18話を観たので、衝撃の22話はまだ観てません。早く観たい。第2部は土曜6時枠でやるんじゃないかと旦那さんが言ってましたがあの設定じゃその時間は無理だろ…
そういやジャイアントロボとノエインのDVDは(新居に)持ってきてるので、いつでも観ることが出来ますよ。

テーマ:今日の独り言
ジャンル:写真

春を待つ



img_070327_06.jpg

img_070327_07.jpg

img_070327_08.jpg

img_070327_10.jpg

今週末あたり花見に行けるかな?

テーマ:花の写真
ジャンル:写真

良いことあるぞ~



I love angelcream.

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

アオイヒトミ



img_070323_04.jpg

img_070323_03.jpg

img_070323_05.jpg

駅の近くで白ネコに遭遇
反射的にしゃがんでじぃ~っと見てたら向こうもその場に立ち止まってじぃ~
しばし見つめ合った後、ててて…と近寄ってきてくれました

img_070323_07.jpg

青い瞳の美人さんでした

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

ミステリチャンネル



先月末にケーブルTVに加入したのですが、加入時のサービスとしてほぼ全てのチャンネルを観ることが出来ます。でももうすぐサービス終わっちゃうらしい…ガーン!現在一番観てるのが ミステリチャンネルなんですがこれも観えなくなっちゃうのかー(´・ω・`) 前回書いたルース・レンデルミステリーズの他にも名探偵ポワロシャーロック・ホームズの冒険などの正統派ミステリーや《春休み名作ドラマ特集》と銘打って放映されたなぞの転校生七瀬ふたたびなどなど面白い作品てんこ盛りなのに。
なぞの転校生は1975年に放映された眉村卓原作のSFサスペンスドラマ。不安をかき立てるような、それでいて寂しく切ないテーマ曲が耳に残ります。七瀬ふたたびは筒井康隆原作。第7回星雲賞を受賞してたんですね。この七瀬三部作(「家族八景」「七瀬ふたたび」「オイディプスの恋人」)は一応全部読みました(昔ね)。ミステリチャンネルで放映されているのは1997年に放映されたバージョンですが、これって後にリメイクされてるよね?そっちは観てた記憶があるんだけど…。
他にはWire in the Blood~血の桎梏にハマってます。原作はヴァル・マクダーミドの殺しの儀式(CWA(英国推理作家協会)ゴールド・ダガー賞受賞作品)だそうで、犯罪内容や映像はかなりエグいのですが、この独特の雰囲気にハマりました。原作も読んでみたくなった。
ミステリー繋がりでもう一つ。先日東野圭吾の幻夜を購入しました。ドラマ化もされた白夜行の姉妹編ともいえる作品だそうで、単行本になるのずっと待ってたんだよー。さっそく読みます…と言いたいところですが、ちょっと前にミネット・ウォルターズの鉄の口枷蛇の形を買ったのでそっちが先です。これまたミステリチャンネルでドラマ化されたものを観たのがきっかけで購入しました。自分が観たのは鉄の口枷のTVドラマ版の後編、しかも終わりがけだったのですが、ラストで可憐な少女がグロテスクな口枷をかぶされていた映像が結構ショッキングで、それで話しが気になって原作を買ってみた次第。まだ読み始めたばかりなんだけどかなり読みやすそう&面白そうです。ちなみにこの時は他にも氷の家が放映されてました。そういやずっと昔に女彫刻家のドラマをビデオで観たんだったー。ミネット・ウォルターズの名前はその頃知りました。まあデビュー作から賞獲りまくりで結構騒がれてたしね。関係ないけどミネット・ウォルターズとサラ・ウォーターズは名前が似てるのでごっちゃになる(サラの作品は読んだこと無いけど)。

テーマ:今日見たテレビ番組
ジャンル:テレビ・ラジオ

知りたいバトン

img_070320_06.jpg
柴田空春様からバトン貰ってきました
レッツトラーイヽ(´ー`)ノ

続きを読む

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

春の庭(つづき)

img_070320_08.jpg

img_070320_09.jpg

img_070320_10.jpg

img_070320_11.jpg

黄色いのはブロッコリーの花です。

テーマ:花の写真
ジャンル:写真

春の庭



img_070320_02.jpg

img_070320_03.jpg

img_070320_05.jpg

実家の庭で目についた花を色々撮ってきました。

テーマ:花の写真
ジャンル:写真

もう春(のはず)

img_070313_06.jpg

img_070313_07.jpg

だんだん暖かく。

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

春の海



img_070318_02.jpg

img_070318_04.jpg

潮騒の音を聴いてる

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

地球の燃え尽きる日(7)



「新章突入!遂に私が主役だ!!」(多分)

最寄りの書店はいわゆる「町内唯一の小さなちょっと寂れた本屋」で本棚には背表紙の色褪せた本が並んでいたりします、入り口に成年向け雑誌の古ぼけた自販機が置いてあったりします。そんな店でも先月はチャンピオンREDが一冊だけ売ってて「よし!これで安泰だ!!」と思ってたのに今月号は入荷してないとはどういう事だ店主!午前中に行って探したけど見つからず、諦めきれずに夕方にもう一度行っちゃったよ!お店のオッちゃんに訊いてみたらごそごそ探した挙げ句「残念!入ってないわー」とにこやかに言われちゃったよ!どゆこと!つかそれよりも少年向け漫画雑誌と成年向け漫画雑誌をごちゃ混ぜに並べて置くのは止めてくれ!探しづらい上に誤解されちゃうよ!
そんなわけで強風(しかも逆風)にもめげず自転車で隣町の書店まで行って買ってきましたチャンピオンRED5月号。そして明日はいよいよ

ジャイアントロボ~地球の燃え尽きる日

コミックス第1巻の発売日ですよ!
明日も書店へGO!

続きを読む

テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

ルース・レンデルミステリーズ

img_070310_02.jpg

以前にもちらっと書いたのですが、ケーブルTVのミステリチャンネルでルース・レンデルミステリーズというドラマシリーズを放映してました。ミステリチャンネルサイト内での紹介文を見てみると、「1997~1999年にかけてイギリス本国で放送されたシリーズの中から6作品を厳選」して放映していたようです。その「厳選された作品」とは「生きうつし」「思い出のベンチ」「ダーク・ブルーの香り」「用心の過ぎた女」「四十年後」「カーテンが降りて」。
…正直なんか微妙なタイトルばかりなのですが…(個人的に)「女ともだち」「誰がそんなことを」なんかはドラマ化されなかったんだろうか?ちなみに自分が観たのは「用心の過ぎた女」「四十年後」「カーテンが降りて」の3作品。その中でも「カーテンが降りて」が一番アレなオチだったのでこの記事を書きました(笑)。

その出来事があったのは、彼の六歳の誕生日が過ぎた春のことだった。--リチャードは週に一度、学校が引けた後に祖母の家へ遊びに行っていた。それはリチャードにとって、過保護な母の手を離れることの出来る唯一の楽しい時間だった。だがある日、祖母の家へ行く途中で空き地に寄った後「何かが」起こったのだった。リチャードが家に帰ると、家には心配しきった両親と、彼らが呼んだ警官達が居た。一体何があったのか?質問を浴びせかけられても、リチャードにはその間の記憶が全く無い。まるで記憶にカーテンが降りてしまったかのように…。母親は何かにつけて事件のことを語り、リチャードが『誰か分からない男』に『酷い目に遭わされた』と決めつけ、それからは片時もリチャードから目を離そうとしない。一体自分の身に何が起きたのか思い出せないまま、母の束縛に苦しめられ続けるリチャード。やがて大きくなった彼は、かつて自分が遊んでいた空き地でひとり遊ぶ少年を見かけ、衝動的に声をかける。そして少年と話しているうち、徐々に「あの日」のことを思い出してゆく…

ドラマは大筋原作通りなんですが、オチでひっくり返りました。リチャードと隠れんぼをした少年が家に帰った後、警察に「覚えていることを全て」話し、結果リチャードの元に警察(パトカー)が訪れる場面で終わり。原作では、少年はかつてのリチャードと同じ運命を辿るであろうと暗に思わせてお終いなんですが…。このオチは何なんだー。映像にしちゃうと何でこうもチープなありきたりのミステリーになっちゃうのか。いやミステリーというより「トワイライトゾーン」みたいな…原作読んでなかったらこれはこれでありと思うのだけど、原作読んでるからなー。レンデル作品の独特の雰囲気が全く現れてないのが残念。

ちなみに以前書いたレンデル短篇集の感想はこちら。
レンデル傑作集1「カーテンが降りて」
レンデル傑作集3「女ともだち」

テーマ:ミステリ
ジャンル:小説・文学

cinemalife2

img_070313_05.jpg

アデルの恋の物語(197/仏 監督:フランソワ・トリュフォー)
文豪ヴィクトル・ユーゴーの次女アデルは、イギリス軍青年・ピンソン中尉に一目惚れする。以来青年の赴任先が変わる度に、彼を追って何処へでもついて行くようになる。やがてアデルの言動は、その愛の深さゆえに次第に常軌を逸してゆく…

とにかく愛ゆえのアデルの言動が凄まじい。ピンソン中尉の行く先々に付きまとい、父親に「結婚した」と嘘の手紙を書いたり、彼のために女を用立てたり、催眠術の公演を観て、ピンソンに催眠術をかけて結婚しようと考えたり、彼が判事の娘との結婚を発表すれば、なりふり構わず判事の屋敷に押しかけピンソンの不実を訴えたり自分は彼の子を身籠もっているとでたらめを言ったり…。最後は身一つのボロボロの姿でピンソンを追ってバルバドスに行き、そこで遂に正気を無くし、父親の元へ連れ戻された後精神病院に入れられてしまいます。
そこまで男を愛することができる女、もしくはそこまで女に愛される男に共感できるか否かで、この作品に対する感想は違ってくると思います。ちなみに自分は全く共感できませんでした…。いやーダメなんだわこの手の女って(´Д`;)あ、でも作品自体はとても気に入ってます。アデルを演じたイザベル・アジャーニーの美しさも印象深い。

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

地球の燃え尽きる日(6)

先月忙しくてレビューできなかった「ジャイアントロボ~地球の燃え尽きる日」ですが気付けばもうすぐチャンピオンRED次号発売ですよ!思いっきり時期外したので簡易感想で済まします。

バンテスおじさんが居ないのでとっても寂しかったよ(つд`)…居なくなって初めて分かる存在感の大きさ。いや居ても存在感ありまくりでしたが!大作君の背後を捕ったアルベルトがいつ葉巻を押しつけるのかとハラハラしちゃったのは自分だけですか?そして折角のサービスシーンは何故か劇画タッチで台無しだ!あんなの全然サービスじゃありませんよ戸田先生!('A`)竜作の兄貴はとことんヤクザだあんな格好でBF団基地に殴り込みですか。ていうかいちいち顔が怖いよ!草間博士も!博士は博士じゃなくて立派なBF団A級エージェントにでも十傑集の補欠にでもなれそうです。でも今回一番盛り上がったのはやはり最後の

次号「白昼の残月」編始動!

だと断言できる!!!!コミックス1巻も楽しみです!買ったらまたレビューするかも!

それにしても漫画版の国警はめっさヘタレですね…(良いとこ全く無しだ!)

テーマ:感想
ジャンル:アニメ・コミック

cinemalife

img_070310_01.jpg

会社に勤めてる頃はテレビなんて全く観てませんでした。まあ家に帰ったら大抵9時過ぎだったし、そもそもネットばかりやっていたし(笑)んで旦那さんはBGM代わりにテレビ流してるテレビっ子?で、夕食以降は付き合ってバラエティ番組ばっかり観ることに。
あと視聴可能なケーブルチャンネルが沢山あり過ぎてどれ観て良いのか迷っちゃう状態。まあ自分は大抵洋画か海外ドラマばっかり観てます。
そんなわけで最近色んな映画を観ました。以下つらつらと感想。

コンスタンティン
地獄も天国も人間界には手を出すことはできないが、中性的な存在である「ハーフブリード」は人間界に住み着いている、という設定自体が面白い。そしてこの手の作品の一番の見所はやはり特撮!いやあ~派手で面白かったです。ラストでコンスタンティンは肺自体を掴み出されたのかな。煙草止めたみたいだから長生きできそうですね良かった。

ファイナル・カット
生まれたときに記録チップを埋め込まれ、当人が死んだらそのチップに記録された「人生の記憶」を『編集者』が編集し、追悼会で上映する。無論故人と遺族にとって都合の良いように編集して…。という設定は面白いんだけど、作品自体はいまいち盛り上がりに欠けてた感じ。焦点がどこにあるのかよく分からなかった。

コーラス
孤児や問題児ばかりを集めた寄宿舎『池の底』に舎監として赴任した音楽教師マチュー。子供達に手を焼きつつも、やがて彼らに合唱を教え始める。歌うことを通して深まってゆっく絆、というありきたりなテーマであるものの、やはり感動。少年達のコーラスがホントに素晴らしいです。

愛と死の間で
前世の記憶を頼りに、40年前に起きた事件の真相を明らかにしようとする二人の男女。輪廻転生をテーマにしたサイコサスペンス。真犯人の正体とか結構ビックリ。かなり良く出来た作品で思いがけない収穫でした。

ルース・レンデルミステリーズ
ケーブルのミステリチャンネルでやってました。レンデルの短編をドラマ化したシリーズらしい。私が観たのは「用心の過ぎた女」と「40年後」。「用心の過ぎた女」は、神経質なまでに用心深い女・デラの物語。家賃の問題からルームメイトを募って一緒に暮らし始めたが、彼女のだらしなさ(実際はこの程度は普通なのだが)に耐えきれなくなり、やがて悲劇が訪れる。ドラマではデラが男性上司から好意を寄せられて一緒に食事したり、煙草を吸っていたりと原作を読んだときの印象とは違いますね~。「40年後」は最初を見逃しちゃったのですが、原作と違いジェニーはデニスの死体を見つけた後もすぐには家を追い出されず、やがてエラは森の中で自殺、その後ダニエルから全ての真相を聞かされる。あーラストは原作通りの方が良いのになあ。これじゃ普通のミステリーじゃん…。

とまあこんな感じで。他にもあれこれちょっとずつ観てたりします。あーすっかりテレビ漬けだ(いかんいかん)。

テーマ:私が観た映画&DVD
ジャンル:映画

あの空

img_070309_01.jpg

img_070309_02.jpg

img_070309_03.jpg

img_070309_04.jpg

早く桜咲かないかなあ。

テーマ:空の写真
ジャンル:写真

夕空

img_070308_15.jpg

img_070308_13.jpg

img_070308_14.jpg

ベランダ狭いなあ…
あと周りが家だらけなのであまり堂々とカメラ構えられません(笑)見られたら確実に怪しまれるー。

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

日々

img_070308_07.jpg

img_070308_12.jpg

img_070308_17.jpg

なかなか外に出ないので、室内の写真が多くなりました。まあ今まであんまり撮ったこと無いのでこれはこれで面白いです。

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

青空

img_070308_03.jpg

img_070308_05.jpg

img_070308_08.jpg

img_070308_10.jpg

まだまだ寒いですね。

テーマ:空の写真
ジャンル:写真

猫と遊ぶ

img_070304_10.jpg

img_070304_11.jpg

旦那さんの実家で猫と戯れまくってきました。

img_070304_14.jpg

img_070304_13.jpg

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

お散歩風景

img_070304_15.jpg

img_070304_16.jpg

春のぽかぽか陽気。
自転車で買い物がてら近所の土手を走ってみました。

img_070304_17.jpg

img_070304_18.jpg

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

朝食の風景

img_070304_02.jpg

img_070304_03.jpg

ちょっと遅めの朝食でした。

img_070304_07.jpg

img_070304_06.jpg

img_070304_04.jpg

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

テーブルの花

img_070303_12.jpg

img_070303_11.jpg

img_070303_09.jpg

img_070303_07.jpg

img_070303_05.jpg

img_070303_06.jpg

img_070303_13.jpg

img_070303_08.jpg

嬉しくて久々にデジカメ写真撮りまくりました。

テーマ:花の写真
ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。