プロフィール

そら

  • Author:そら
  • ★撮った写真を貼ったり好きなものについて語ったり。詳しくはこちらをどうぞ。

    ★Twitter(@aosora_777)もやってます。

    ★コメント、トラックバックは管理人の承認後に表示されます。ご了承ください。

    ★リンクフリーです。報告は気が向いたらで結構です。

    フォトログ(開店休業中)

    pixiv(開店休業中)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日への希望



さていよいよ明日が式なわけですが、どうにも実感が湧きません。多分新居が隣町で近いからなのかもしれませんが(いつでも帰ってこられるから)。昨日も夜遅くまでノエイン観てたし今もこうしてだらだらネットしてます。まあ引っ越したら当分ネットできないので(パソコン持ち込むのは部屋の中が片付いてからだろうし、ネットできる環境になってないので)今のうちに好き勝手やっておこうかと。好き勝手と言えばもう夜中までだらだらテレビ観てたり朝遅くまで布団の中でごろごろしてるのもこれでお終いか…何か長い休暇取った後でいよいよ新しい職場で働かなきゃいけない新社会人の気分。こんなんでやっていけるのか自分。しかしやるしかないのでやります。分からないことだらけ出来ないことだらけですが、知ったかぶって恥をかくより最初から「私全然分からないんですー」と周りに訊きまくる方が良いですね。ただし訊かなきゃ出来ないではなく、訊いて教えてもらったら出来るだけ速やかに覚える努力も必要です。
…何かホントに転職して新しい仕事始める気分であって幸せ気分も何もあったもんじゃないですが!どうも自分はこういう性格(どっか思い切り醒めてる)らしいです。もっとウキウキ気分だったら進行状況を逐一ここに書いたりしてたかもしれませんがそういう性格でもないし何時もみたいにコメントが全くつかないのも寂しすぎるので。あーでも今更なんですがホントは式なんてやりたくないんだけどね…籍入れるだけでいいじゃないかあんなに金かけんでも。と思うけどなかなかそういうワケにはいかないんだなあ。まあ新婦の手紙が読まれるときにかかるBGM(明日への希望)は楽しみなんですが!

そんなこんなでどうなることやら、しかしやらずに諦めるのもアレなので(今更そういうワケにもいかんし)まずやってみるしかない、やるだけやってダメなら帰ってこればいい、と自分に言い聞かせてます。
そういうわけでしばらく更新できないかも知れない事をご了承ください。あと明日は晴れると良いな(神宮の境内を歩いて参拝しなきゃいけないので)。
スポンサーサイト

テーマ:花の写真
ジャンル:写真

Ep:01「黒いアタッシュケース」

☆この記事は、以前にmixi日記で書いたモノをほぼそのまま再掲してます。



久々にGR Episode1を観る。いや環境変わっちゃったら当分観られないと思って今のうちに。
前にも書いたかと思いますが全7話の中でこの1話が本当に好きで好きで大好きです、もちろん全話好きなわけですが、1話は本当に何度観返したか分かりません。どこがそんなに好きなのかというと多分この回全体を覆う明るい雰囲気が好きなんですね。1話って単純明快な冒険活劇って感じじゃないですか。子供が主人公だし、この時はまだ「誰も死なない作品」だと思ってましたよorz
スピード感溢れるトレインチェイス、変装を解いたらチャイナドレスの美女、必殺技で格好良く決めたと思ったら惚れた女に「馬鹿牛!」とか言われちゃってぺしゃんとなる鉄牛とか、基地に戻ってきてからの戴宗と鉄牛の掛け合いとか(「帰りは二人っきりだったんだろう?」の場面の二人のにやけ面が最高(笑))大作と張り合ってたらまたもや銀鈴に怒られて小さくなってる鉄牛とか後ろで知らんぷりしてる戴宗とか、バシュタールの惨劇の意味と周りの反応が分からず怪訝な顔の大作が、長官に「これからも宜しく頼むよ、そうロボにも伝えておいておくれ」って言われた途端にぱあっと顔を明るくする場面とか。
あとこれは今までいろんな所で散々書き散らかしてるんですがその後の高台で4人が騒いでる?場面が本当に好きで好きで全話観た後に観ると何か泣けて来るくらい好きです。この後の展開を知ってるから余計に。
ちなみに私はGRキャラの中では神行太保の戴宗が一番好きなんですが、戴宗はこの1話の時の印象が一番強いです、何故か。まあ前半のにやにや顔と後半のギャップとか(笑…でも
ピンチに颯爽と現れる処とか、どう見ても優遇されてるよなあ)が印象強いのかも。
あとバシュタールの惨劇の場面も強烈に印象に残ってます。モノクロの画面、バックに流れる「人知れぬ涙」、そしてフォーグラー博士の名演説。この時の
「私はここに誓おう いつの日か再び
さらに美しい夜を人々にもたらさん事を
夜の恐怖に立ち向かい、打ち勝たんが為に
美しい夜 美しい夜 再びいつの日か必ず、必ず…」は
心に残る名台詞だと思います。こういう場面でオペラの曲を使うというのも素晴らしい。

ホントは続いて2話~7話も観ていきたかったのですが残念ながら時間切れ…落ち着いたら続きを観て、感想書きたいと思っています。と言っても以前に何度も感想書いてるので、読んでる方はもううんざりかもしれませんね、すみません。でも管理人はOVAジャイアントロボ~地球が静止する日とにかく好きで好きで大好きなんですよ。感想でも妄想でもネタでもパロでもイラストでも何でも書き散らかしたい!のでご了承下さい。ヨロシクね!

Ep07_tsuzuku!.jpg

テーマ:感想
ジャンル:アニメ・コミック



雨模様だけど暖かい一日
ここの梅も桜も満開です

img_070214_15.jpg

img_070214_13.jpg

img_070214_10.jpg

img_070214_09.jpg

img_070214_18.jpg

テーマ:季節の花たち
ジャンル:写真

ある日の夕暮れ時(と、お知らせ)



img_070211_12.jpg

ここを覗いてくださっている皆さまへ。来週から新生活を始めるにあたり、今後は更に更新が遅れると思われます。申し訳ありませんがご了承くださいm(__)m
でも写真を撮ることも、ここで好き勝手なコトを書き散らかすことも、自分にとっては大切なことなので、早いとこ新しい生活のペースに慣れて今まで通りやっていきたいなーと思っております。

今後ともヨロシクお願いします。

img_070211_21.jpg

img_070211_22.jpg

テーマ:夕焼けの写真
ジャンル:写真

近況



さすがに物理的にも時間的にも精神的にも切羽詰まってきました。準備が間に合うのかとかホントにやっていけるのかとか不安だらけでウキウキ幸せ気分♪と言うわけにはいきません。これがマリッジブルーってやつか…orz
しかし始まっちゃえばやっていくしかないわけで、やるしかないわけです。

その一方で「僕等がいた」のコミックスをこそこそ買ってしまっていたり(大人買いでどーんと揃えたいところだけどその勇気がないので今のところ1・8・9巻だけ…)どーにも島本和彦作品が読みたくなって「新吼えろペン」(1・5巻…これは、本屋に5巻と6巻しか無かったたので)を買ってみたり「新約炎の言霊~島本和彦名言集2」を買ってみたり。
あと会社辞めてから久々にいつもランチを食べに行っていた喫茶店に行ってきました。こっちで食べに行くのはこれが最後だなあ…ちなみにランチはイカフライ・豚肉生姜焼き・ポテトサラダという極普通のメニューでした。懐かしいなあと思いつつ昔のようにランチ食べながらマガジン読んでました。ああ絶望先生のバレンタインネタは面白いなあ。

img_070211_08.jpg

テーマ:今日の独り言
ジャンル:写真

自分の墓穴くらい自分で掘れなくてどうする

「僕等がいた」に涙するその一方で、mixiの島本和彦コミュにヒートアップする自分が居る!!うおお、最近ずっと読み返してなかったので何かこう熱い思いが込み上げてくるー!
自分的にはやはり

「それはそれ!」「これはこれ!」

「心に棚を作れ!」が心に残る名言かと。

全ての島本作品を集めようとしてた時期もあったなあ。結局「炎の転校生」「炎のニンジャマン」「燃えるV」「仮面ボクサー」くらいしか手元に残ってないや…(「風邪の戦士ダン」「逆境ナイン」「燃えよペン」あたりは売っちゃったらしい…もったいない)。ちなみに「炎の転校生」は自分の心の聖書(バイブル)です。未読の方は是非!
ああ、何だか無性に「吼えろペン」とか「燃えよペン」あたりが読みたい…!つか島本スピリッツに触れたいので衝動的にAmazonで「新約 炎の言霊―島本和彦名言集(2)」注文しちゃったよ。後悔はしてない!

テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック

ある日の


WONKAチョコようやく開封。形が可愛い~!1列に3粒ついてるのだけどそれぞれ中身が違う味。美味しいです♪

img_070210_02.jpg
連れがキャンドルのお土産を買ってきてくれました。「空のかけら」という名前なんだそうです。

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

僕等がいた。



暗闇の中に白く染まる彼の顔を
夜空の星を全部集めたような彼の瞳を
“永遠はあるよ”と言ったまだ15歳の彼を
今でもはっきり思い出すのは
大人になった私が 永遠なんて無いって知ってる
子供じゃなくなった私が…
けれどもあの時 時間が止まって
この世には私達しかいなくて
この瞬間は 何よりリアルで 夢のようで
一瞬のようでもあり 永遠にも感じられた
まだ若い私達の心の中に 確実に永遠はあったのだと
けれども誰しもがやがて大人になるのです


ようやっと原作コミックス全巻(1~11巻)読みましたよ「僕等がいた」(小畑友紀/小学館)★TVアニメ公式HP)。満喫で一気読み。いやー少女漫画読んで泣いたのって何年ぶりだろう。うん。泣けた。この漫画名台詞多いですね。全部書き留めたかったところだけど読むので精一杯でした。あーコミックス集めたいなあ。てか11巻以降の(本誌での)続きがめっさ気になる…!
アニメだと矢野が東京に行くところで終わるけど、原作で語られる「その後」が結構衝撃的ですね…。あー最後どうなっちゃうんだこれ。ラスト近いみたいだけど。
そんでもってアニメ版は20話以降ようつべで観てます。最終回は絵の動きが細かいですね。クリスマスのお泊まりは無しなのね。代わりに「普通のデート」だけど…七美可愛いよ七美!矢野の気持ちすげー分かる!!(*´Д`*) 山本さんは好きではないけど「東京には欲しいものがあるの」って追っかけていくその心意気と行動力は良いですね、しかし矢野が東京に行って、七美が駅のホームで見送る場面で終わりだったらこの(山本さんの)場面無かった方が良いんじゃ…。区切りとしては良いけどお話しとしては中途半端なところで終わっちゃってますね。でも泣いた。原作でも泣けたけどBGMが流れると余計盛り上がる…!
あと、「次回につづく」の時の番組最後の一枚絵は『どうでもいい絵を流す』方針だったのかなあ(笑)。その回で印象的な場面の絵にすればいいのにーと毎回思ってましたよ。
とりあえず出来ることならコミックス揃えたい、そしてアニメ版も全話観たいと思ってます。12日(月)からキッズステーションでまた放映するみたいなので要チェックー。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル:アニメ・コミック

二次元ダイブ!

FC2ブログトラックバックテーマに挑戦。

第209回「本やテレビ、架空の世界に入るなら?」

まあここ見てる方々にはすぐに分かると思いますが
OVAジャイアントロボの世界にオリキャラとして入りたいです。位置的には国際警察機構北京支部の雑用係で。エキスパートでなくて良いです。食堂で働いたりとか基地内を掃除したりとか。そんで銀鈴や鉄牛や戴宗の兄貴を見かけては心の中で「頑張って!」とエールを送りたい。もしくは医務室の看護師見習いになって負傷したエキスパートの手当を手伝いたい。具体的に言えば衝撃波を喰らって重傷負った兄貴の手当を。まあ滅多にそんなヘマやりそうに無いですが。
またはBF団に入って素晴らしきヒィッツカラルドの弟子になります。うわ!楽しそう!頑張って指鳴らせるようになるよ!ああオイルダラーの秘書なんかも良いなあ。

うわそんな楽しい妄想してたらにやにやが止まりませんよ。もっと具体的に書きたいところですが自分でもあまりに馬鹿馬鹿しいので自己セーブします。今更恥も外聞もないもんですが!




こんな蕩けたこと言ってる自分も遂に結婚式まで残り10日をきりました('A`)

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル:アニメ・コミック

夢からさめて

扶桑社からV.C.アンドリュースの新刊「夢からさめて」が出たと知って喜び勇んで本屋に行ったのですが、店頭で手にとってあらすじを読んだら買う気がなくなりました。あー「野に生きる花たち」シリーズと同じ構成(ちなみにAmazonの紹介文にはヤングアダルト・ロマンスとありますね)なんだなー。「屋根裏部屋」シリーズみたいにもっと大規模な(主人公>その子供>主人公の親の)物語を期待してたんだけど…。まあ作者が故人なのでいくら「残されたプロットを元に、似た作風で」作ったとしても限界はあるだろうし仕方ないか。ちなみに自分は「野に生きる花たち」シリーズは3巻辺りまで揃えたけど結局古本屋に売っちゃった。その一つ前の「メロディ」シリーズも今ひとつだったしなあ。やっぱり「屋根裏部屋」「ヘヴン」「ドーン」「ルビー」シリーズ(+「オードリナ」)までが大好きです。

img_070203_01.jpg

テーマ:読書
ジャンル:小説・文学

花を撮る



img_070207_15.jpg

img_070207_16.jpg

img_070207_18.jpg

テーマ:植物の写真
ジャンル:写真

昼と夕

img_070207_12.jpg

img_070207_19.jpg

夕焼け空と青空

テーマ:空の写真
ジャンル:写真

夕暮れを歩く

img_070207_09.jpg

img_070207_08.jpg

img_070207_11.jpg

img_070207_07.jpg

久々にウォーキングしました。歩いてる途中で撮った風景。

テーマ:夕焼けの写真
ジャンル:写真

夕暮れ時



忙しいです…
なんかこう、ネタがない。ホントに。書きたいことがあっても上手くまとまらない。
なので写真のみで失礼します…

img_070207_03.jpg

img_070207_06.jpg

テーマ:夕焼けの写真
ジャンル:写真

梅と雑談



img_070203_10.jpg

毎日暖かいですねえ…桜も咲き始めるんじゃないかなー

以下雑談

★レンタルで「僕等がいた」DVD1巻借りようと思ったら貸し出し中だったー残念。他にあれこれ観たいモノ探したけど多すぎて逆に迷うばかり…それよりはよ「ノエイン」残り2巻観れ。あと「ジャイアントロボ」も。

★ロボといえばアニマックスで新しいアニメ版(他にもっと分かりやすい言い方無いかな…)の番宣やってるの観ました。「予告編は面白そうだ!」(byかってに改蔵)どうなんでしょうね実際。

★で、DVDの代わりに「BLOOD+ COMPLETE BEST CD」借りてきました。『CRY NO MORE』(中島美嘉)と『Diva』がお気に入りっていうか『Diva』素晴らしい。鳥肌が立つよ。繰り返し聴いてます。

…以上ヲタばなでした…(´Д`;)

img_070203_11.jpg

img_070203_12.jpg

テーマ:花の写真
ジャンル:写真

僕等がいた。




彼はその時 まだたったの15歳で
そして今 まだほんの16歳で
支えなければならない現実は いつも彼の体より大きい


辛いものを食べたら甘いものが食べたい。熱いものを食べたら冷たいものでクールダウン。
そんなわけで(どんなわけだ)ハマってしまいましたよ「僕等がいた」★TVアニメ公式HP)。
Gロボで漢(おとこ)達の熱き戦いに痺れっぱなしだったので、この手の作品(恋愛系少女漫画)は何かこう、すごく新鮮ですね。そもそもキッズステーションでの深夜放送がきっかけでハマったので(しかも途中から)原作の方も読んでみたくなり、コミックス1巻を買ってみました。少女漫画買うなんて久しぶり…いや「ハチミツとクローバー」があったか。でも高校生の恋愛漫画なんてのはホントにン年ぶりで読むなあ。ちなみに原作は第50回(平成16年度)小学館漫画賞(少女向け部門)を受賞してるのですね。
最初のうちは少女漫画独特の白っぽい画面やコマ割りに馴染めなくて正直イマイチでしたが、その後満喫で続きの巻読んでたら慣れました(5巻までは読んだ)。ああ、やっぱり良いなあ少女漫画。甘く切ないねえ(つд`)でもやっぱりアニメが好きですね自分。(余談ですが少女漫画の絵って大抵線が少ないので、アニメ絵できっちり描くのは大変そうに思える)画面の色遣い、透明感、そして何より七美の喋り方がすごく好きなんで(笑)。七美役のささきのぞみはこれがデビュー作、他の人も俳優だったりタレントだったりで当初は「全員素人かー」とか思ってたけど、素朴な喋り方がこの作品に合ってます。あと会話のテンポが結構良いと思うし。七美と矢野の掛け合いとかね。
そんなわけでアニメの方を1話から観たいなあと思ってます。キッズステーションでまた最初から放送するみたいだけど環境変わるので観られるかどうか…。コミックスも、アニメの後のお話しが気になるので続きが読みたいし。ホントは今日これを読破するために満喫行ったのに急用が入ったので途中(5巻)で断念したのでしたヽ(`Д´)ノ
あとアニメの方はED沢山あるんですなー。ランダムでかかってたのか?これも全曲入ったCDが出たら多分買う。

テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

美味しいものは僕等を幸せにする


六花亭のマルセイバターサンドのあまりの美味さに本気で感動しました。いやホントにホントに。ハンズのバレンタインフェアコーナーで売ってたのですよ。買って良かった。

img_070202_06.jpg

img_070202_05.jpg
カフェドクリエのスモークサーモンサンドとゆずホット。ゆずホットは香りも良くて美味しい。

img_070202_07.jpg
ロールキャベツ作りました。ウチではスープにクリームシチューのルウを入れます。要するにシチューにロールキャベツが入ってるというか。自分で言うのも何だが美味かったです。

テーマ:食べ物の写真
ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。