プロフィール

そら

  • Author:そら
  • ★撮った写真を貼ったり好きなものについて語ったり。詳しくはこちらをどうぞ。

    ★Twitter(@aosora_777)もやってます。

    ★コメント、トラックバックは管理人の承認後に表示されます。ご了承ください。

    ★リンクフリーです。報告は気が向いたらで結構です。

    フォトログ(開店休業中)

    pixiv(開店休業中)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然(最近)

なんだかいろいろとうまくいかない日々。特に人間関係で。
気にしすぎっちゃあしすぎなんだろうけど、妙にナーバスな気分になってるんで、ちょっとでもすべったりするとものすごく落ち込むというか。ああもう面倒くさいホントに面倒くさい全部投げ出して失踪したいマジで('A`)

土曜特集で「喜びは創り出すもの~ターシャ・テューダー四季の庭」がやってましたね。何度目の再放送?でも何度見てもいいな~と思う。あの素晴らしい庭を見ていると心が安まるし、ターシャの暮らしを見ていると、いろいろと自分の生き方を見つめ直したくなる。あんな暮らしがしたいけれど、ターシャは何十年もの日々の積み重ねによって、今のあの地上の楽園での暮らしを満喫できてるんだよね。これは何にしても同じコトで、いきなり手に入るものはないし、それだとあんまり有難味がない。苦労して失敗してあれこれやってみて、ようやく手に入ったモノこそが何よりも素晴らしく大切なモノなんじゃないか。とあの番組を見るたびに思うわけです。

そういえば今週のジャンプというか最近のデスノートはどんどん大人展開になってますね。話のレベルだけじゃなく(小学生とか、ちゃんとついて来れてるんだろうか…)。今週はいろいろと衝撃的な展開でした。先週月が「高田が身も心も僕に落ちるのは時間の問題」なんてふざけんなてめー的発言をしてましたが、今週ホントに落ちましたね。どうしちゃったんだ清楚高田…キラ崇拝者になってたのにも驚いたけど。逢い引きの最後のコマでさり気なくコート脱いでるし。しかしデスノはこういうアダルトな雰囲気が似合いますね。そろそろヤングジャンプあたりに乗り換えた方が良いんじゃ無かろうか。あとミサミサ可哀想。使い捨てかよ('A`)

仕事がどんどん忙しくなって参りました。季節柄年賀状の注文が次々と来て大変です。みんな自宅のパソコンで作ってプリントしなよ!絶対楽しいヨ!
オチが無いヨ!
スポンサーサイト

テーマ:雑記
ジャンル:日記

読進中

現在読み進めてる本。

奇跡も語る者がいなければ(ジョン・マグレバー/新潮社クレスト文庫)
最初から読み進めずに色んな箇所を読み散らかしている状態です。どこからでもすんなりと読める感じなので…まあ最初から最後まできちんと読み通さないと、物語の全体が分からないとは思うんですが。でも適当なページから読んじゃう。これが自分の悪い癖です。

大尉のいのしし狩り(ディヴィッド・イーリイ/晶文社)
最近は入浴中に一話ずつ読む、という感じ(短編集なので)。あとちょっとで全部読み終わります。読了してないので感想を書くのも何ですが、「別荘の灯」「いつもお家に」が面白かった。「別荘の灯」は結局最後まで何が原因だったか(人為的なものだったのか、それとも超常現象だったのか)分からないところが不気味な余韻を残します。「いつもお家に」は平凡な主婦が最新の防犯装置によって、本当の自分の姿をまざまざと見せつけられるお話。これはちょっと可哀想だなあ。

世界ショートショート傑作選2(各務三郎編/講談社文庫)
多分読了。1050円の価値があるかどうかはともかく、なかなか楽しめました。自分はショートショートよりは長く、短編よりはちょい短いくらいの話がちょうど良いみたい? 37編が収録されてますが、その中では「ブラウン夫婦に浴槽はない」(マーゴット・ベネット)と「隣の人」(ポーリン・C・スミス)が特に面白かった。
「ブラウン夫婦に浴槽はない」…やっとのことでマイホームを手に入れたブラウン夫妻。かすかな異臭のするこの家は、夫人に男と逃げられたスミス氏が、失意のうちに手放したのだという。浴槽を見つけた二人は、これを別の部屋に移すのだが…
「隣の家」…ノイローゼ気味のエヴリンは、お隣の奥さんが怒りを抑えるようにして洗濯物を干しているのを見ていた。やがて隣のご主人の姿が見えなくなった。奥さんは、夫は仕事で講習会に出掛けているのだと言う。そしてある日、大きな犬を二頭買ってきて…
二作とも、何があったのかという描写ははっきりと書かれていないけれど、読んでいる方は何となく想像がつく(そしてぞっとする)という仕掛け。自分はこういうお話は大好きなので、この二作が読めただけでも買って良かったと思います。

テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌

あきのひ



img_0075.jpg

img_0077.jpg

img_0072.jpg

img_0071.jpg
全体的に鬱っぽい気分でした。あーあ('A`)

テーマ:いろんな風景
ジャンル:写真

思いつくまま

へえ、アキバ初心者救済ツアーなんてあるんだ。

>映画やドラマで人気の【電車男】以降、秋葉原に興味をもつ人々が急速に
増えています。

いやあ「今話題のアキバってどんな処なのかしら?見てみたーい★」ってやって来て楽しめるものなんだろうか? 美少女キャラのポスターが貼られまくってるの見て引いたりしないんだろうか? メイド喫茶に入っても空気読めずにキャッキャ騒いで迷惑になるんじゃないか? まあこれで己の中に眠っていたオタクの血が目覚めることもあり得るわけですが。
正直『一般人』は電化製品店巡りにでも止めておいて欲しいものです。そういやこの間メイド喫茶行ったときも、明らかに『一般人』な方々が結構いたなあ。
ちなみに自分は一日中いても飽きませんよ>秋葉原。

テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック

日が暮れて



sky_0160.jpg

sky_0164.jpg

テーマ:夕焼けの写真
ジャンル:写真

きょうのぼやき

テンプレートを変更。シンプルに。
ブログ更新は孤独との闘いだ('A`)

img_1123_14.jpg


img_1123_29.jpg

似たような写真ばかりでゴメン。

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

silent night



クリスマスも近くて街も華やいでもっとうきうきして良いはずなのに
なんでこんな哀しい事件ばっかり起こるのかなあ。

img_1123_11.jpg



みんながめいめい じぶんの神さまが
ほんとうの神さまだというだろう。
けれどもお互い ほかの神さまを信ずる人たちのしたことでも
涙がこぼれるだろう。
(「銀河鉄道の夜」(宮沢賢治)より)

テーマ:写真にコトバをのせて
ジャンル:写真

まちにひかりあふれ

img_1123_03.jpg

img_1123_08.jpg

img_1123_05.jpg

イルミネーションの写真、まだまだ有るよ。

テーマ:街の風景
ジャンル:写真

まちあるき(1123)そのに

img_1123_04.jpg

img_1123_06.jpg

img_1123_07.jpg

img_1123_15.jpg

img_1123_16.jpg

img_1123_17.jpg

名古屋・栄のイルミネーション。矢場町パルコあたり。

せめて光を。

テーマ:街の風景
ジャンル:写真

ぼやき

img_1123_27.jpg

最近は心の痛む事件ばかりですね。ニュースも新聞も見たくなくなるほど。街のイルミネーションが空々しく思えるほど。

img_1123_28.jpg

歪んでゆく世界に対して何が出来るだろう。



テーマ:今日の独り言
ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。