プロフィール

そら

  • Author:そら
  • ★撮った写真を貼ったり好きなものについて語ったり。詳しくはこちらをどうぞ。

    ★Twitter(@aosora_777)もやってます。

    ★コメント、トラックバックは管理人の承認後に表示されます。ご了承ください。

    ★リンクフリーです。報告は気が向いたらで結構です。

    フォトログ(開店休業中)

    pixiv(開店休業中)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやくこい

sky_053.jpg

★今週のジャンプ
デスノートは第一部完でしばらくお休み。再開は4月。実は先週の半ばにネット上で情報を得て、今週号が出るまえにはもう知ってたわけですが…。正直最近は惰性で読んでた部分もあるので、しばらく間をおいてから読んだ方が楽しめるかも。というわけで再開をお待ちしておりますよ。そしていちご100%は、やはりさつきがメインヒロインになると途端にエロ度がアップするなあ…(^.^;)先週は胸キュン純愛エピソードだったのに、今週は少年誌限界ぎりぎり?な展開でビックリドッキリ。しかし真中が最後に誰とくっつくかを予想するのは、(今更だけど)第三のキラを予想するより遥かに難しいよな。
そしてあちこちで取り上げられていますが、久米田康治先生が4月から週間少年マガジンで連載開始するとか!ばんざーい!!
あー今から4月が楽しみで仕方有りませんよ。
スポンサーサイト

はるよこい

flower_01.jpg

flower_02.jpg

今日みたいな空気がピンと冷たく張りつめた日も嫌いじゃないけど
やっぱり暖かくて気持ち良くて
なんだか心がむずむずするような春が好きだ。
ちなみに夏はもっと好きだ。

GR計画~GR-5編

gin-rei03.jpg

ぬぅ、買ってしまった…これも策士・孔明の作戦の内か…
初回版だったらしくやたら装丁が豪華。でも観るのは本編全部観るまでお預け。本編の方もあとは6・7話を残すのみですが、観る暇が無いのと、この回はかなり気合いを入れて観ないといけないので大事にとってあります(^_^;) 何てったって6話は十傑集大活躍の回、7話は梁山泊VS血風連で大盛り上がりの回なので。
そしてこの流れで横山光輝の『水滸伝』を読んでみる。うはー、戴宗も鉄牛も呉学人もなんか丸っこくて可愛いなあ。あと一丈青扈三娘(GRではアルベルトの妻・サニーの母親という設定)はすげー強いですね。格好良い。
「し、しまった…この呉学人一生の不覚をやらかし申した」
またかー!いや、こっちが先か。

ニュータイプ100%コミックス ジャイアントロボ1巻

えー、そろそろGRの話をしても良いですか?(挨拶)
というわけで以前購入したジャイアントロボの漫画を読了したので感想でも書こうと思います。このコミックスは原作/横山光輝・脚本/今川泰宏・漫画/水田麻里として角川書店(ニュータイプ100%コミックス)から発売されたものです(全2巻)。内容は『アニメ・バージョンを基本としてのアレンジ版』(今川監督談…ちなみに1巻のあとがきを見る限り、この「地球静止作戦編」は『TVアニメの全26回で言えば18~21回にあたる、最終回前の大きな山場』であり、『全体をつなぐエピソードもできあがりつつある』らしい。全部観てみたいよう…(つд`))
そんな訳で、OVA版とコミックス版ではいろいろ違っている部分が有るわけですが、中でも大きく違うのが
・シズマは死なない
・戴宗は死なない
・アルベルトも死なない

ですかね。
あと、絵柄なんですが…
gin-rei01.jpg


gin-rei02.jpg

…えー、上が1巻前半の銀鈴、下がそれ以降の銀鈴です。最初はアニメの絵柄を意識して描いてたみたいですが、途中からイキナリ全員耽美絵ぽくなってビックリ。アニメを見慣れていたので正直最初は辛かったです(^.^;)
1巻では、謀略の館~トレインチェイス~ロボ登場まではアニメと同じ。この後、シズマ博士だけが先に北京支部に護送され、銀鈴・鉄牛・大作はアタッシュケースを持って別ルートで?支部に向かいます。…何で一緒に付いて行かないんでしょうか。それにアタッシュケースもシズマと一緒に護送するべきなのでは…。そうこうしてるうちにウラエヌス&イワン、そしてアルベルトとコ・エンシャク出現。アタッシュケースを奪わんと攻撃を仕掛けます。絶体絶命のピンチに現れるのは「人間ロケット」戴宗と「不死身の」天鬼。(天鬼はコミックス版での九大天王のひとり?)激しい攻防の最中、ケースの中身を知った銀鈴は愕然となり、ウラエヌスの内部にテレポート。自らサンプルを起動させてしまいます。(結果として北京一帯のシズマ・ドライブが停止してしまう)
アルベルトの衝撃波から身を挺して大作を守った天鬼は、『バシュタールの惨劇』とは何かを大作に教え、コ・エンシャクを道連れに自爆。「不死身の天鬼」というのは名前だけだったらしいです。合掌。「僕の進む道は唯一つ!それは…二度とバシュタールの惨劇を起こさせないことなんだ!!」悲しみの中、そう決意した大作はジャイアントロボを召還する…。
以上が1巻での大まかな流れです。正直テンポは良くない気もしますが(戦闘シーンもスピーディーには描かれてるとは言い難いし)話としてはかなり判りやすいです。他にも九大天王のひとり豹子頭の林冲が出ていたり青面獣の楊志は出てこなかったり。
あと何故かオズマが無駄にリアルだったり…

Q-chan.jpg

怖いよー(´Д`;)

とりあえずここまで。そのうち2巻のレビューもやります。我等がビッグ・ファイアの為に!(しめ)

OTAKU

image_042.jpg

今朝早朝テニススクールから帰ってきたら母が「ねえ、秋葉原にレンタルボックスっていうのがあるの?」
な、なんですかイキナリ?聞いてみたら、今朝のNHK新日曜美術館でやっていたとのこと。「面白かったよ。夜再放送やるから見てみたら?」とすすめられたので見てみました。
以下NHKの番組紹介文より(一部抜粋)
「都市を変えるポップカルチャーOTAKU・おたく」  
去年9月から11月までイタリア・ベネチアで開催された「第9回ベネチア・ビエンナーレ建築展」の日本館は、連日驚きと興奮に包まれた。日本館のテーマは「OTAKUが変えた都市空間」。東京・秋葉原を「家電の街」から「オタクの街」へと構造と景観を一変させた「アニメやマンガなどのオタク文化」を、「オタクの街」を会場に再現して展示するという前代未聞の挑戦である。

ふむぅ面白い。展示館の中に、秋葉原のアニメショップやコミケ会場、おたくたちの部屋やレンタルショーケースをそのまま再現してある。なんか見覚えの有る風景ばかりで懐かしいよ(^.^;)森川嘉一郎氏の「都市が人を集めたのではなく、人(おたく)が都市(秋葉原)を変えた(創った)」という言葉が印象的でした。
あー、あと新横浜ありなはちょっと欲しいと思ったよ。

Birthday

Q_birthday.jpg

いつもどんな風にあなたは大人になってく
昨日のことみたいに出会った日を忘れないで
少し背丈が伸びたみたいだ
目を閉じれば枯れ葉が春を呼ぶ
新しい世界を迎えることになる
寝ぼけた夢も一つの匂いになる
(くるり/Birthday)

やっと買えたー。レーベル面が凝っててちょっと感心。同時収録の『真夏の雨』も良かったです。
そういえばくるりにしろGOING UNDER GROUNDにしろ、マキシシングルで違う曲が2~3曲入っているのは嬉しい。メインの1曲と、それのアレンジVer.ばかりとか、カラオケVer.だったりすると、買って損した気持ちになる。

春遠からじ。

image_044.jpg

梅の花が咲いてた。

本屋にて。ぴあシネマクラブ外国映画編(2004-2005)発見。今年版は買おうと思ってたので手に取ったんだけど、一冊しか置いてないのに最後の方のページがくしゃくしゃだったり汚れていたり…結局今回は買うのを見送り。隣にあった死ぬまでに観たい映画1001本も気になったけれど、こちらはハードカバーの辞書といった感じで、もの凄く分厚くてしかも5000円…こちらも見送りました。

イニシャルG出現

sky_048.jpg

職場にイニシャルGが出ました。しかも5~6匹も見つけちゃってげんなり。とはいえ、まだちっこくて小指の先程なので、ティッシュでくるんでさくっと葬れます。
今のうちに処分しておかないと、長い触覚をゆらしつつカサカサ音を立ててすばしこく走り回る黒光りするヤツに成長してしまいますからね。
ちなみに自分はヤツを見つけたら反射的に叩きます。スリッパ履いてたらすかさず脱いで手に持ち直して叩きます。スリッパがなければとりあえず手に持っているもので叩きます。よく「飛んでくるから怖い」という意見を聞きますが、自分は飛ばれたことがありません。飛ぶまえに殺るからです。
だって見つけたときに殺っておかないと、逃がしたらまたいつか遭遇する羽目になるんだよ?そんなのゴメンなので、見つけ次第ぶっ叩く。一撃必殺。これ鉄則。

…なんでイニシャルGのことでこんなに熱く語ってるんだろうな、自分。

夜よ、夜よ。

night_020.jpg

night_019.jpg

メガネを忘れたので一日中視界がピンボケ気味だった。
月が綺麗そうだったのでちゃんと見たかったなあ。

青に溶ける

sky_045.jpg

好きな映画のワンシーン。
或る夜の出来事のラストシーン。
ゴッドファーザーのラストシーン。
タイタニックのラストシーン。
ニュー・シネマ・パラダイスのラストシーン。

最近映画観て無いなあ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。